併せて行って欲しい「屋上防水」

マンションの大規模修繕の際、気にかけてほしいのが屋上防水です。

鉄筋コンクリートのマンションの場合、屋上の仕上げは防水を施している事が大半です。
防水は10年程で劣化してしまうので、徐々に雨漏りを起こしてしまう事があります。
外壁や建物の中ばかりが大規模修繕の際に目が行ってしまいますが、
屋上は鉄筋コンクリート建物にとても重要な部分ですので、注意が必要です。

また、鉄筋コンクリート内の劣化も引き起こしてしまうので、
構造体の根本的な劣化にも導いてしまい、想像以上に大事になってしまいます。
鉄筋が酸性雨に侵されると、鉄筋コンクリート自体の寿命が大幅に無くなってしまいます。
鉄筋コンクリート自体の致命的な劣化となり、建物の寿命が一気に下がってしまいます。
屋上防水の対処は早目のタイミングが大きなカギとなります。
気にしてチェックをするようにしましょう。

大規模修繕は屋上防水のリフォームだけでは該当しませんので、
該当する主要構造部の過半以上の工事と併せて行うと良いでしょう。
耐久年数は屋上防水の種類によります。
アスファルト防水で10年程と言われていますが、あくまで目安です。

建物の立地条件や防水のカラー等により、アスファルト防水の劣化のスピードが高くなります。
10年経ったら、屋上に上がって細かく頻繁にチェックするようにしましょう。

次にチェックの際のポイントをご説明します。

◆屋上防水のチェックポイント

・防水にひび割れが無いか
・防水に変色が無いか
・隅部分に剥がれが無いか
・重なり部分に剥がれが無いか
・著しいふくれが発生していないか
・破れている箇所が無いか
・笠木と立ち上がり部分の取り合いに不具合が無いか
・ドレンと防水の取り合いに不具合が発生していないか

また、不具合が起こらないよう定期的なメンテナンス等も必要です。

◆不具合を未然に防ぐ方法

・ドレンの定期的な掃除
 ドレンの詰まりは雨漏りを引き起こしてしまいます。
 ドレンの縦の排水部分が詰まってしまうと厄介になるため、頻繁に取いて常に綺麗にする事をオススメします。

・屋上防水の大規模修繕の後の屋上緑化を検討
 屋上防水の劣化を最小限に抑える為にオススメなのが、屋上を緑化する事です。
 緑化は紫外線や酸性雨などの外的刺激から防水を守ってくれるので、防水の劣化を抑える事が出来ます。
 また、緑は省エネ効果を発揮してくれるので、夏涼しい建物にする事が出来ます。
 屋上緑化をする場合は、歩行用の屋上防水を施すようにしましょう。

屋上防水から雨漏りが発生してしまうと、鉄筋コンクリートの中で水の道が出来てしまい
手遅れになると、防水を新規でリフォームしても、止められない場合があります。
大規模修繕の際に必ず検討し、屋上からの不具合を無くすようにしましょう。