大規模修繕工事のタイミング:建物の観察ポイント~その1


大規模修繕のタイミングは、どのような視点で行うと良いのでしょうか。
目安としては、10~15年と言われています。
それ以前に、次のような状態が見受けられたら、大規模修繕を行うタイミングとなります。

・外壁にひびが発生している
外壁のひびを放置していると、外壁内部に雨水が浸透してしまいます。
躯体がダメになってしまい、雨漏りも発生してしまいます。
10年程度でこのような状態は発生しやすいので、注意が必要です。

・外壁に白い粉が浮いている
外壁に白い粉状の物が発生している場合は、チョーキングが起きている証拠となります。
チョーキングは外壁塗装の劣化の初期段階を表しており、
放っておくと塗膜がダメになり外壁材自体の劣化が始まってしまいます。
チョーキングが出ている場合は、早急に塗装工事を行って塗膜を復活させましょう。
10年ほどで発生する場合が多いので、外壁に触れてみるなどこまめに調査をしてみましょう。

・コーキングの劣化
コーキングの劣化も、放置しておくと雨漏り等建物に不具合を起こしてしまいます。
コーキングは早くて5年で劣化してしまう事もありますので、
少しでも不具合を感じたら打ち直しを行う様にしましょう。

・鉄部のサビ
鉄部は、少しでもサビてしまうとサビの状態が酷くなってしまい、
鉄部としての機能を果たせず崩落してしまう事もあります。
高い位置にある鉄部であれば落下してくる可能性もありますので、とても危険です。
早い場合3~5年程度でサビが発生してしまう事もあります。
見受けられましたらすぐに補修を行う様にしましょう。

上記は、すぐに確認できる箇所ですが
他にも屋根や屋上等も確認する必要があります。
こちらについては、次回ご説明します。